●四月の禅語

茶席の禅語(卯月)

2011年4月30日 (土)

今日残花昨日開

(こんにちの ざんか さくじつ ひらく)

花の盛りを過ぎ、遅れて咲いた花に、去りゆく春を名残惜しむ。

一刻一刻と時が過ぎ、ほんの一枝にも静かに季節は訪れ、去って行く。

花も人も止まることなく巡る時の中にいる。

一月主人笑幾回 (いちげつ しゅじん わらうこと いくかいぞ)
相逢相値且銜杯 (あいあい あいあうて しばらく さかずきをふくむ)
眼看春色如流水 (めにみる しゅんしょく りゅうすいの ごとし)

今日残花昨日開 (こんにちの ざんか さくじつ ひらく)     「宴城東荘」 崔恵童

一月の間にこの主人が笑うことは何回あるだろうか。
相逢えた機に、まあ、ともかく一杯飲もう。
目の前の春の景色も流れる水のように過ぎ去っていく。
今日散ろうしている花も、つい昨日開いたばかりのものなのに。

2011年4月28日 (木)

花看半開

(はなは なかばひらくをみる)

花は満開より半開。

満開の花も美しい。

けれど、咲ききる手前

これから咲こうとするの姿は

生き生きとして奥ゆかしい趣がある。

花看半開  (はなは なかばひらくをみ)
酒飲微醺  (さけはびくんにのむ)      
「菜根譚」

2011年4月25日 (月)

風暖鳥声砕 日高花影重

(かぜあたたかにして ちょうせいくだけ ひたかくして かえいかさなる)

春風吹き渡り、

鳥の囀りがあちらこちらと燦めくように飛交う。

陽光高くから照らし、

咲き誇る花々の影がゆらゆらと重なり合っている。

ゆったりとした長閑な春の中に、禅者の辿り着く境涯あるとする意。

早被嬋娟誤  欲粧臨鏡慵
承恩不在貌  教妾若為容
風暖鳥声砕  日高花影重
年年越渓女  相憶採芙蓉
            「春宮」  杜荀鶴(唐末、後梁の詩人904没)

2011年4月24日 (日)

始随芳草去 又逐落花回

(はじめは、ほうそうにしたがってさり  また、らっかをおうてかえる) 

始めに芽生えた草のいい香りにさそわれてゆき、また散る花と共に帰ってくる。

目的はなく、痕跡を残さず、
足に任せて気の赴くままに散策。
迷のない心は、悠々と無限の春を享受し、
春の陽気と一体となっている。

始随芳草去(始めは芳草に随って去り)
又逐落花回(また、落花を逐て回る)
         『碧巌録』三十六則、長沙遊山

2011年4月20日 (水)

風従花裏過来香

(がぜかりよりすぎきたってかんばし)

花を通り抜けた風に、花の香りがしている

風が花を揺らし、花の香りを託され、少し遠くまで乗せていく。

風は形のない見えぬ器

時に触れ、出逢いを重ね、受け取り受け渡し、伝え合う。

気がつけば、人も風も似ている。

水自竹辺流出冷 (水はちくへんより流れ出て冷やかなり)
風従花裏過来香  (風はかりより過ぎ来たって香し)          「禅林類聚」

2011年4月19日 (火)

花有清香月有陰

(はなにせいこうあり つきにかげあり)

花は清らかな香りがただよい、月は朧にかすんでいる。

花には花の 月には月の 持ち味があり、

それぞれがそれぞれの良さを発揮したところに、妙がある。

                 

--春夜--

春宵一刻直千金(しゅんしょう いっこく あたい せんきん)
花有清香月有陰(はなにせいこうあり つきにかげあり)
歌管楼台声細細(かかん ろうだい こえさいさい)
鞦韆院落夜沈沈(しゅうせん いんらく よる ちんちん)   

                           蘇東坡(そとうば) (蘇軾(そしょく))1037~1101北宋時代


春の夜は、趣深く、ひとときが千金に値する。
花は清らかな香りがただよい、月は朧にかすんでいる。
歌や管弦の音が響いていた高殿も、今は微かに聞こえるだけ。
中庭には、だれもいなくなったぶらんこが下がり、春の夜は深深と更けていく。

2011年4月16日 (土)

花簇簇錦簇簇

(はなぞくぞく にしきぞくぞく 

満開の花が群れとなり、錦のようだ。

群生した花々が見事に咲き賑わい、どこまでも錦を敷き詰めた華やかさだ。


花簇簇錦簇簇。        (はなぞくぞく にしきぞくぞく。)

南地竹兮北地木。     (なんちのたけ ほくちのき。)

因思長慶陸大夫。     (よっておもう ちょうけい りくたいふ。)

解道合笑不合哭。(いうをよくす わらうべしこくすべからず と。いい。)

                                                                                    「碧巖録」

2011年4月14日 (木)

逢花打花

はなにあえば はなをたす)

花が咲いていれば花を愛でる。

花と向き合い、無心に享受する。

今ここ、共に命あるものが出逢い、理屈抜きにしっかり向き合う。

後に心残さず、出逢いに感謝し、清々しい気持ちになれるような行いの意。

逢花打花  (花に逢えば 花をたし)

逢月打月  (月に逢えば 月にたす)

春入千林処々花

(はるせんりんにいれば しょしょにはな)

春になり林は一斉に芽吹いて花咲り、

春のうららかな陽光が、平等に至るところふりそそぎ、大自然を育む。

千差万別の区別を越えた広大無辺の慈悲の姿。

春入千林処々花 (春千林に入れば処々に花)
秋沈万水家々月 (秋は万水に沈む家々の月)        『北磵居簡禅師語録』

洞中春色人難見

(どうちゅうのしゅんしょく ひとみがたし)         虚堂智愚(1185~1269)南宋時代の禅僧

洞窟の中にも春が来るが、人はそれに気づかない。

目視しうる花々や草木は春の到来をはっきりと示し、

変化のないような洞窟の中では、春の気配を感じえる。

見難きを見、感じ難きを感じとる細やかな心を大切に・・・・。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ