« 流水寒山路。深雲古寺鐘。 | トップページ | 万里無片雲 »

2011年8月 3日 (水)

心静即身涼 

(こころしずかなれば すなわちみすずし)

こころが静かに落ち着いていれば、身も清涼である。
心頭を滅却した心身一如のところ

--苦熱題恒寂師禅室 熱に苦しみ、恒寂師の禅室に題す--   白居易
人人避暑走如狂  人々暑を避け走りて 狂するが如し
獨有禪師不出房  ひとり禅師の房を出でざる有り
不是禅房無熱到  是れ禅房に熱の到ることなきにはあらず
但能心靜即身涼  ただよく心静かなれば 即ち身も涼し

世の人々は暑さを避けて狂ったように家を逃げ出す。
独り禅師のみは房中に籠もったままでおられる。
師の禅室にも炎熱が押し寄せないわけではありません。
ただ心を静かに澄ませていれば、そのまま身も涼しくなるのです。

« 流水寒山路。深雲古寺鐘。 | トップページ | 万里無片雲 »

●八月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/52370011

この記事へのトラックバック一覧です: 心静即身涼 :

« 流水寒山路。深雲古寺鐘。 | トップページ | 万里無片雲 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ