« 不住青霄裡 | トップページ | 丈夫意気自衝天 »

2011年7月10日 (日)

碧潭清皎潔

(へきたんきよくして こうけつたり)

どこまでも透明な水をたたえ
底のない青く深い淵。
汚れのない清浄無垢な心境。

吾心似秋月   吾がこころ秋月にたり
碧潭清皎潔       碧潭清くして皎潔たり
無物堪比倫   物比倫にえたるはなく
教我如何説   我をして如何が説かしめん    『寒山詩』
吾が心は秋の名月のように澄み、
また青々と透き徹る深
い水のごとき清々とし
これにならぶことのできるものは他に無い。
私には、これを説き伝える術があるものか。


« 不住青霄裡 | トップページ | 丈夫意気自衝天 »

●七月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/52105282

この記事へのトラックバック一覧です: 碧潭清皎潔:

« 不住青霄裡 | トップページ | 丈夫意気自衝天 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ