« 殿閣生微涼 | トップページ | 一口吸尽西江水 »

2011年7月18日 (月)

竹葉々起清風

(たけようよう せいふうをおこす)

風に吹かれて竹の葉が、
さらさらとふれあいながら、
清らかな風を送っている。

誰知三隱寂寥中
因話尋盟別鷲峰
相送当門有脩竹 
為君葉々起清風   
虚堂智愚(きどうちぐ)禅師 『虚堂録』
誰か知らん三隠寂寥の中
話に因って盟を尋いで鷲峰に別れんとす
相送りて門に当たれば 脩竹有り
君が為に 葉々 清風を起こす

« 殿閣生微涼 | トップページ | 一口吸尽西江水 »

●七月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/52150686

この記事へのトラックバック一覧です: 竹葉々起清風:

« 殿閣生微涼 | トップページ | 一口吸尽西江水 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ