« 一口吸尽西江水 | トップページ | 泉聲中夜後 »

2011年7月20日 (水)

松風供一啜

(しょうふう いっせつに きょうす)

松風にも温かいお茶を一杯さしあげて共に喫する

瓦瓶破曉汲清冷、瓦瓶、破暁に清冷を汲み、
石鼎移來壞砌烹。石鼎、移り来て壊砌に烹る。
萬壑松風供一啜、万壑の松風、一啜に供し、
自籠雙袖水邊行。 自ら双袖を籠し水辺に行く       『介石禪師語録』
※「壑」は「谷」の意。萬壑(ばんがく)は多くの谷

多くの渓谷に響く松風を、ひと啜りにするとは、一味平等の意。
「一口吸盡西江水」と同じ境地。

« 一口吸尽西江水 | トップページ | 泉聲中夜後 »

●七月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/52255105

この記事へのトラックバック一覧です: 松風供一啜:

« 一口吸尽西江水 | トップページ | 泉聲中夜後 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ