« 星河清涼風 | トップページ | 鳶飛魚躍 »

2011年7月 8日 (金)

漁夫生涯竹一竿

(ぎょふのしょうがいたけいっかん)

漁夫は生計を立てるのに釣り竿が一本だけあればいい。

釣り竿一本さえあれば生きていける。
必要以上の収穫、蓄えをえようとすると、かえって心は囚われて不自由になって行く。
簡素な暮らしに、心の働き、奥深さをみることができる。

山僧活計茶三畝 山僧が活計(かっけい)茶三畝(さんうね)、
漁夫生涯竹一竿 
漁夫の生涯竹一竿
山僧は、わずか茶畑を畝、
漁夫は、竹竿だけで暮らしている。
肩書きとか華美な衣や高価な道具は、本来無用。
歩む一つの道があれば、十分


----------------------------------
~大漁~
    金子みすず

朝焼け小焼けだ大漁だ
オオバいわしの大漁だ}
浜は祭りのようだけど
海の中では何万のいわしの弔いするだろう
----------------------------------

« 星河清涼風 | トップページ | 鳶飛魚躍 »

●七月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/52143034

この記事へのトラックバック一覧です: 漁夫生涯竹一竿:

« 星河清涼風 | トップページ | 鳶飛魚躍 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ