« 流泉作琴 | トップページ | 白雲深處掩柴扉 »

2011年6月25日 (土)

行舟緑水

(こうしゅう りょくすい)

舟は緑水を行く。
ゆったりと澄んだ大河を舟が行く情景は、
美しい自然の大いなる時の流と共に生きる人の姿の様です。

--次北固山下(北固山のもとにやどる)--    王湾
客路青山外   客路 青山の外
行舟緑水前   行舟 緑水の前
潮平両岸闊   潮は平らかにして両岸に闊く
風正一帆懸   風は正しくして一帆懸かる
海日生残夜   海日 残夜に生じ
江春入舊春   江春 旧年に入る
鄕書何處達   郷書 何れの処にか達せん
歸雁洛陽邊   帰雁 洛陽の辺

旅路は青い山の果て 
緑映る水を前にして 舟は行く
両岸広々と 潮 穏やかに満ち  
順風に帆を一つ掲げる
海上の夜は明けようと白みはじめ  
江は年の瀬から春めいている
故郷に宛てた便りは今何処か
帰り行く雁と 洛陽の辺りにか

« 流泉作琴 | トップページ | 白雲深處掩柴扉 »

●六月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51861533

この記事へのトラックバック一覧です: 行舟緑水:

« 流泉作琴 | トップページ | 白雲深處掩柴扉 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ