« 向南見北斗 | トップページ | 千山添翠色 »

2011年6月22日 (水)

杓底一残水

(しゃくていのいちざんすい) 

水は、私のものではありません。
水は尊く、身命そのものです。
必要な分を使い、柄杓に残った水は、また清流にお戻しする。
水は命の源であり、大切にし、また、分かち合う心も大切にしましょう。

杓底一残水  しゃくていのいちざんすい 
汲流千億人   ながれをくむせんおくのひと

道元禅師が、日頃仏前にお供えする水を汲む際、川の水が豊かであっても、川下の人々また子孫のためにと柄杓半分の水を川に返したという謂れによる。

« 向南見北斗 | トップページ | 千山添翠色 »

●六月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/52003167

この記事へのトラックバック一覧です: 杓底一残水:

« 向南見北斗 | トップページ | 千山添翠色 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ