« 柳緑花紅 | トップページ | 魚行水濁鳥飛毛落 »

2011年5月 3日 (火)

山青花欲然

(やま あおくして はな もえんとほっす)

山は青く 花は燃えあがらんばかりである。

春の息吹が充ち、生き生きと活気付く自然豊かな光景

江碧鳥逾白 (江みどりにして 鳥 いよいよ白く)
山青花欲然 (山 青くして 花 然えんと欲す)
今春看又過 (今春 みすみす又た過ぐ)
何日是歸年 (いずれの日にか是れ帰年ならん)
     杜甫 「絶句」

川は碧(青緑色)く、鳥の白さが一層引き立ち、
山の色は青く(緑)、花は燃えあがらんばかりである。
今年の春も、みるみる過ぎてしまうが、
いったい、いつになったら、(戦乱が収まり)郷里へ帰られる年が来るのだろう。

« 柳緑花紅 | トップページ | 魚行水濁鳥飛毛落 »

●五月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51543415

この記事へのトラックバック一覧です: 山青花欲然:

« 柳緑花紅 | トップページ | 魚行水濁鳥飛毛落 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ