« 青山緑水是我家 | トップページ | 渓声山色 »

2011年5月20日 (金)

松風颯々声

(しょうふうさつさつのこえ)

松に吹く風の音

心静かに耳を澄まし、一心で松風を聴く。

身も心も松風に包まれ、時をも忘れた清々しく穏やかな無我の境地。

吹くも受けるも響き合う仏の心。

師云。                               (師云く、)
松風颯颯。細雨微微。         (松風は颯颯と、細雨は微微たり。)
紅日銜山。冰輪出海。         (紅日は山に銜ち、冰輪は海より出ず。)
照古照今。未嘗有間。         (古に照らし今を照らすに、未だ嘗て間あらず。)
目前無法。日用分明。         (目前に法なく、日用は分明たり。)
法爾熾然。絲毫不立。         (法爾は熾然として、糸毫も立たず。)
人人具足。各各圓明。         (人人に具足し、各各に円明なり。)
向諸人前。更説箇什麼即得  (諸人の前に向い、更に箇の什麼を説いて即ち得んや。)。
良久云。參。                      (良久して云く、参れ。)               
「續燈録」

« 青山緑水是我家 | トップページ | 渓声山色 »

●五月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51541397

この記事へのトラックバック一覧です: 松風颯々声:

« 青山緑水是我家 | トップページ | 渓声山色 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ