« 吟風一様松 | トップページ | 山静如太古 »

2011年5月14日 (土)

白雲自去来

(はくうんおのずからきょらいす)  「禅林句集」

白雲はただ無心に去来している。

時々に起生し変幻自在な雲
雑念や迷いもいつかは姿形を変え、煩悩も浮かんでは消える雲の様
本来、囚われ留まることを望めぬ
白雲は自由闊達に
青空に遮るものはない

青山元不動  (せいざんもとふどう)
浮雲任去來  (ふうんきょらいするにまかす)
  「五灯会元」巻四
悠然と落ち着いて不動の山のように、
いかなる境遇にあっても惑わされない芯がある姿。

« 吟風一様松 | トップページ | 山静如太古 »

●五月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51541381

この記事へのトラックバック一覧です: 白雲自去来:

« 吟風一様松 | トップページ | 山静如太古 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ