« 曹源一滴水 | トップページ | 白雲起峰頂 »

2011年5月30日 (月)

雲在嶺頭閑不徹

(くも れいとうにあって かん ふてつ)

遥かかなたの嶺の上に、
悠々として
雲、動かず、閑かに
ただ無心。

雲在嶺頭閑不徹、(雲は嶺頭にあって 閑不徹)
水流澗下太忙生。(水は澗下を流れて 太忙生)
   「虚堂録」、「嘉泰普灯録」
閑不徹・・・不動、徹底した静けさ、静寂
太忙生・・・ざわざわと大変忙しいさま

閑かな雲も谷川を忙しく流れている水も無心の動きである、動静不二。忙しい中でもわずかな閑あり。

« 曹源一滴水 | トップページ | 白雲起峰頂 »

●五月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51733634

この記事へのトラックバック一覧です: 雲在嶺頭閑不徹:

« 曹源一滴水 | トップページ | 白雲起峰頂 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ