« 開径待佳賓 | トップページ | 松風颯々声 »

2011年5月18日 (水)

青山緑水是我家

(せいざんりょくすい これわがや)

青々とした山、草木の緑が映える水、この自然が自分の住処である。

ほうぼう行脚する雲水(修行僧)の境涯をいったもの。

注)雲水・・・一所にとどまることなく、様々な師を尋ね仏道を訪ねる修行僧を示す。

新緑映えわたる季節、雄大な自然にあって、互いに耀き合い、命をたたえ合う。自然から恩恵を得て、生かされていることに感謝し、日々家の暮らしも穏やかであるかと顧みる。

木食草衣心似月(もくじきそういこころつきににる)
一生無念復無涯(いっしょうむねんまたむがい)
若人居何処住問(もしひときょいずれとこにすむかととわば)
青山緑水是我家(せいざんりょくすいこれわがや)
            中国唐の僧 龍牙居遁 禅師

木の実を食べ草の衣を着て生活すれば、自分の心も月と同じようになる。
一生は無念にして またかぎりも無い。
仮に、ひとから住居は何処かと問われたら、
即座に青山緑水是我家と応える。

« 開径待佳賓 | トップページ | 松風颯々声 »

●五月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51541395

この記事へのトラックバック一覧です: 青山緑水是我家:

« 開径待佳賓 | トップページ | 松風颯々声 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ