« 百花為誰開 | トップページ | 一夜落花雨 満城流水香 »

2011年4月19日 (火)

花有清香月有陰

(はなにせいこうあり つきにかげあり)

花は清らかな香りがただよい、月は朧にかすんでいる。

花には花の 月には月の 持ち味があり、

それぞれがそれぞれの良さを発揮したところに、妙がある。

                 

--春夜--

春宵一刻直千金(しゅんしょう いっこく あたい せんきん)
花有清香月有陰(はなにせいこうあり つきにかげあり)
歌管楼台声細細(かかん ろうだい こえさいさい)
鞦韆院落夜沈沈(しゅうせん いんらく よる ちんちん)   

                           蘇東坡(そとうば) (蘇軾(そしょく))1037~1101北宋時代


春の夜は、趣深く、ひとときが千金に値する。
花は清らかな香りがただよい、月は朧にかすんでいる。
歌や管弦の音が響いていた高殿も、今は微かに聞こえるだけ。
中庭には、だれもいなくなったぶらんこが下がり、春の夜は深深と更けていく。

« 百花為誰開 | トップページ | 一夜落花雨 満城流水香 »

●四月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51407741

この記事へのトラックバック一覧です: 花有清香月有陰:

« 百花為誰開 | トップページ | 一夜落花雨 満城流水香 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ