« 洞中春色人難見 | トップページ | 逢花打花 »

2011年4月14日 (木)

春入千林処々花

(はるせんりんにいれば しょしょにはな)

春になり林は一斉に芽吹いて花咲り、

春のうららかな陽光が、平等に至るところふりそそぎ、大自然を育む。

千差万別の区別を越えた広大無辺の慈悲の姿。

春入千林処々花 (春千林に入れば処々に花)
秋沈万水家々月 (秋は万水に沈む家々の月)        『北磵居簡禅師語録』

« 洞中春色人難見 | トップページ | 逢花打花 »

●四月の禅語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573660/51384667

この記事へのトラックバック一覧です: 春入千林処々花:

« 洞中春色人難見 | トップページ | 逢花打花 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ